広い用途に利用され販売が伸びるgrp

grpはポリプロピレンを原料とする樹脂製パイプとして多方面に利用され、販売を伸ばし続けています。

熱で加工できるパイプの中でも際立った性能を持ち、用途の拡大につながっています。

多種の酸やアルカリ、有機溶剤、塩類などに対する優れた耐食性があり、高温・高濃度でも使用が可能です。

耐寒・耐熱性も高く、−10〜100度の広い温度域で使用できます。

また、樹脂がガラス繊維で強化されているため、高温での強度低下は他の熱可塑性の合成樹脂に比べて低くなっています。

さらに、膨張率も他のプラスチック製の感材に比べると小さいため、配管後にパイプが蛇行することも少なく、ラック配管や露出配管に使用することができます。

grpパイプの接合方法には、パイプの外面と継ぎ手の内面を熱で溶かして一気に差し込むスリーブ溶着接合、継ぎ手の受け口の差込部分をpp溶接棒で溶接する糸溶接接合、熱線埋込ソケットに専用装置で通電して接合面を溶かす熱線融着接合があります。

用途に応じて適切な方法を選択する必要があります。

TOP