京都を中心にしたシルクスクリーン設備

シルク印刷は文字通りシルク(絹)を利用した印刷手法、シルクは版に利用する材料です。

シルク印刷では、版材にシルクの布を台の上で伸ばすように張り、絹目の間からインキをヘラでこすることで適量押し出して版材の空隙より印刷物に対してインキを乗せる方法です。

ただし、現代においては絹ではなくインクの通りが良いとされる化学繊維の糸を使った布を、版材料に使用することが多くなっているようです。

そのため、シルク印刷といっても必ずしもシルクを使っているわけではない、化学繊維の糸を使うことでインクの流れが良くなるので印刷品質も高まるなどのメリットもあるのではないでしょうか。

この印刷に必要となるのがシルクスクリーン設備、その設備を販売しているのが京都に本社を置く株式会社西川商店と呼ぶ企業です。

インキを布の上に落としてヘラでこするときに利用する平台や、シルクスクリーン型を洗浄するときに利用する型洗いステンレス水槽、Tシャツのプリント後に乾燥させる際に利用するTシャツ吊るし設備など、他にも様々なシルクスクリーン設備を用意しています。

ちなみにい、株式会社西川商店は京都府京田辺市にある会社、京都には様々な布製品がありお土産などで購入した経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

暖簾や反物などの印刷を行うときにもシルクスクリーン設備は欠かせません。

また、最近では通販サイト利用した印刷サービスを行っている会社も多く、こちらの製品を導入している会社も少なくありません。

TOP